brilliant loss

なんかそう言う感じの。

own goal

近寄ったのは自分なので自業自得と解った上で。

 

いくら好きでも、譲れない部分はどうしてもあるし、

それをどうにか擦り合わそうとしても、

理由もわからず、文句言われ続けることは、

やっぱり耐えられなくて。

 

好きだと思う部分、言われて嬉しい言葉よりも、

凹まされること、言われて傷つく言葉が、

4:6だったら上等、3:7はまだ耐えられる。

2:8とか1:9はストレスでもう悶絶する。

 

読みが甘かったんだと思う。

こんなつもりはさらさらなかったんだから。

まだまだ僕が幼稚であさはかなんだと思う。

 

痛いのが、傷つくのが怖くて、

もう自分からは近寄れない。

 

相手を喜ばせたくてしたことが全部裏目とか。

相手を知りたくて投げかけた言葉が全部ダメだとか。

もう打つ手がなくて、花粉症じゃないのに目が赤い。

 

でも約束だけは守りたいなとは思う。

「絶対に」って自分で言ったことだけは。

きっとそれこそが相手の一番嫌がることだとしても。

 

居なくなるのが嫌なのは、距離置いたってかわらないから。

たぶんこれくらいの距離が正しかったんだってことで。