brilliant loss

なんかそう言う感じの。

Farewell.

日本ではやっぱり3月がお別れの時期なんだろう。

学校、職場、もろもろだいたいが3月で終わり、4月から始まる。

組織めいた場所にはいなくても、空気的にそういう時期なんだろう。

春はお別れの季節、そんな言葉をどこかしらで耳にする程度には。

 

送別会があった夜から、

バタバタとスタートの号砲が鳴らされたように、

僕の周囲にも動きがあった。

1つは僕から縁を切った。

1つはずっとそうなるだろうなと思っていた、区切りがちゃんと来た。

 

前者はもちろん自発的なので、後悔もなにもしていない。

ソーシャル的に言うと完全なるBAN。

 

後者はいずれは来るだろうと思ってたけれど、

もう少しどうにかならなかったかなと、思う。

現時点ではフェルマータなのか、ダルセーニョなのかわからない。

でも、もう小節はない。音符は書かれていない。これ以上音は鳴らない。

 

否が応でも心機一転を迫らせている感じ。

桜をせつなく感じていたのは、これを予見してのことだったのか。

予見もくそもないけれど。

 

いろいろ変わらなきゃいけない。

変えないでいてどうにかなるものじゃない。

変えないでいるなら、全部終わらせるしかないからね。

 

それもまた悪くないなと思う自分もいるけれど、

たぶんその勇気はないんだろうな。